シグナルとシグナレス

 


「シグナレス」は「シグナル」の女性形(賢治の造語)。
線路をへだてて恋しあう信号機たちを、ふとっぱらの倉庫が暖かく見守ります。
個性的な人物、いえ、無機物(?!)たちの造形が光る、ほっこりせつない、愛の物語です。

2017年1月21日(土)、22日(日)(『オッベルと象』との二本立て公演)
於:名曲喫茶ミニヨン(東京(荻窪))

原作 宮澤賢治「シグナルとシグナレス」
脚本・演出 実村文
出演 宮﨑稲穂、実村文、園英俊
音楽 実村文
幻灯制作 園英俊
宣伝美術 アトリエM

※この作品をもとにしたオリジナルグッズも発売中!

<戻る
​​​​