きりしとほろ上人伝


「心の貧しいものは仕合せぢや。天国はその人のものとならうずる」

純真な大男がてんやわんやの末に聖人になってしまうというヨーロッパの伝説を、
隠れキリシタン風の文体で描いた、芥川中期の傑作の舞台化。
ファンタジックで痛快で、ちょっぴり泣ける物語です。

2012年9月13日(木)-17日(月祝)(芥川龍之介生誕120年メモリアル二本立公演)
於:劇場HOPE(東京(中野))

原作 芥川龍之介「きりしとほろ上人伝」
脚本・演出 実村文
出演 北村伝次郎、須藤正三、渕野陽子(青年座)、宮﨑稲穂、実村文
音楽 蛯子健太郎、井谷享志
照明 高橋庸子(日高舞台照明)
美術 園英俊
舞台監督 藤田秀治
宣伝美術 アトリエM

<戻る
​​​​