オッベルと象


やり手の実業家オッベルの作業場に、ある日ひょっこり白い象がやってきます。
力持ちで気のいい象は、無邪気にタダ働きをしてあげるのですが、
だんだんオッベルのやり方がひどくなってきて…。
ユーモアと躍動感にあふれる賢治童話の傑作が、
〈影絵の紙芝居〉第二弾になりました。

2017年1月21日(土)、22日(日)(『シグナルとシグナレス』との二本立て)
於:名曲喫茶ミニヨン(東京(荻窪))

原作 宮澤賢治「オッベルと象」
脚本・演出 実村文
出演 宮﨑稲穂、実村文、園英俊
音楽 実村文
幻灯制作 園英俊
宣伝美術 アトリエM

※この作品をもとにしたオリジナルグッズも発売中!

<戻る
​​​​