火車

「あたし、ただ、幸せになりたかっただけなのに」

カード破産? ローン地獄? 錯綜する証言の中から浮かび上がってきたのは、
可憐で、ひたむきで、かぎりなく痛ましい連続殺人犯の姿だった。
言わずと知れた宮部みゆきの長篇サスペンス。十数人の役を役者四人で演じきり、
宮部先生の事務所、大沢オフィスからもお褒めの言葉をいただいた作品です。

2010年9月10日(金)-14日(火)(『ボール箱』との二本立て公演)
於:SPACE雑遊(東京(新宿))

原作 宮部みゆき『火車』
脚本・演出 実村文
出演 壱岐照美、宮﨑稲穂、さくま雪乃、須藤正三
音楽 佐藤圭一
照明 津田喜久子
舞台美術・舞台監督 宮﨑稲穂
宣伝美術 アトリエM

<戻る