貘を飼う


「ねえ、貘。どうして、こんなところまで、来ちゃったんだろう」

芥川の未完の遺稿から着想を得た、サラオリジナルの書き下ろし。
夜ごとの悪夢に悩む作家の龍之介は、夢を食べてくれる貘を飼い始めますが、
今度は不眠に悩まされるようになり…。
誠実で、意外にお茶目で、哀しいほど不器用だった芥川の晩年の日々を、
彼を見守る周囲の人々の温かいまなざしを通して描いた、静かな作品です。

2012年9月13日(木)-17日(月祝)(芥川龍之介生誕120年メモリアル二本立公演)
於:劇場HOPE(東京(中野))

原案 芥川龍之介「貘との対話」(断片)
脚本・演出 実村文
出演 北村伝次郎、須藤正三、渕野陽子(青年座)、宮﨑稲穂、実村文
音楽 蛯子健太郎、井谷享志
照明 高橋庸子(日高舞台照明)
美術 園英俊
舞台監督 藤田秀治
宣伝美術 アトリエM

 

 

<上演台本の決定版>

脚本がダウンロードできます(PDF)↓
上演ご希望の際はサラまでご連絡ください ⇒unitsala@gmail.com

☆『貘を飼う』(改訂版)

※上演台本を改訂した決定版です。同じものが演劇雑誌『テアトロ』2015年10月号にも掲載されています。

<戻る
​​​​