ボール箱

「僕らは箱だ。物を入れられてこそ、生きる喜びがある」

段ボールが一人称で語る、おのれの生涯。
とびきりシュールで、おかしくて、やがて哀しき物語。
半村良の隠れた名作短篇。一人(一箱?)の役を、役者四人で演じました。

2010年9月10日(金)-14日(火)(『火車』との二本立て公演)
於:SPACE雑遊(東京(新宿))

原作 半村良「ボール箱」
脚本 実村文
演出 壱岐照美・実村文
出演 宮﨑稲穂、さくま雪乃、須藤正三、実村文
音楽 佐藤圭一
照明 津田喜久子
舞台美術・舞台監督 宮﨑稲穂
宣伝美術 アトリエM

<戻る