エッセイ集

♦◊♦ 眠りながら考えた。♦◊♦

主宰・実村文の、演劇や日々の暮らしについてのエッセイを集めたコーナーです。(2008~2009年)

1.都市に祝祭はいらないのか

2.リアルとは何か

3.脚本家の責任

4.千客万来

5.「ちょうど必要なだけの数の音符でございます、陛下」

6.俳優修業

7.なぜパイプオルガンだったのか

8. 犬かもしれない

 

♦◊♦ やっぱり、眠りながら考えた。♦◊♦

ひきつづき、エッセイのコーナーです。(2017年~)

(準備中)