ご来場ありがとうございました。

2018-04-03 ayamimura 0

まさかの雪のなか、ご来場いただきありがとうございました。
このお話をやると、何故か寒波が来るというジンクスが当たってしまいましたが、
お集まりいただいた皆様のおかげで、ほっこり暖かな追悼公演になりました。
アーシュラさんも喜んで下さっていると思います。
これからも大切に再演していきたい作品です。
その時には、またゲンリー&ハースに会いにきて下さい。

みなさま、そしてアーシュラさん
本当にほんとうに ありがとうございました!

(宮崎稲穂)

 


次回予告
ついにサラがシェークスピア劇を上演します。
しかもなんと、大悲劇『オセロー』!
とは言えそこはサラのこと。そんじょそこいらのシェークスピアとはわけが違う。
あの大作をたったの一時間、しかも二人で。
華麗なピアノ演奏にのせてお贈りする、幻灯朗読劇シリーズ『オセロー』!
ご期待下さい。
5月19日(土)、20日(日) 12時~
6月1日(金) 19時~、6月2日(土) 12時~
荻窪 名曲喫茶ミニヨン にて

 

 

 

 

 

特別公演『闇の左手』詳細です

2018-02-11 ayamimura 0

シアターユニット・サラ特別公演
『闇の左手』の詳細です。
20席ほどの小さな会場ですので、
かならずご予約をお願いいたします。

なお、本公演のトレーラー(予告編)を
YouTube にアップしました。

みなさまのご来場、心よりお待ちしております。
(宮崎稲穂)

《緊急》『闇の左手』追悼公演決定!

2018-01-26 ayamimura 0

『闇の左手』、追悼公演します!
日時:3月21日(水祝)14時開演
会場:喫茶茶会記(四谷三丁目)

アーシュラ・K・ル=グウィンの代表作の一つ、『闇の左手』。
生前、ル=グウィンさんに台本(英訳したもの)をお見せしたところ、
ひじょうに喜んでくださり、過分なまでのお褒めの言葉をいただきました。
壮大なSFを、例によって1時間の二人芝居に。今回は「幻灯朗読劇」形式になる予定です。

《ものがたり》
宇宙のさいはて、極寒の惑星。
スパイとみなされた地球からの使節は、ただひとりの理解者である現地人の宰相と、大氷原を横切って決死の逃避行をこころみる。
雪と氷に閉ざされた死の世界でふたりを待ち受けるものとは…。

原作 アーシュラ・K・ル=グウィン
脚本/演出 実村文
出演 宮﨑稲穂・実村文

お問い合わせは unitsala@gmail.com まで。(実村文)

アーシュラさん訃報

2018-01-24 ayamimura 0

作家のアーシュラ・K・ル=グウィンさんが逝去されました。
つつしんでご冥福をお祈りいたします。
……という言葉ではとうていあらわせないほど、哀しいです。
サラは、『闇の左手』『なつかしく謎めいて』とル=グウィン作品を舞台化してきました。
アーシュラさんは上演を快諾し、激励の言葉をくださいました。

私(実村)がオレゴンまでお会いしに行った時、それこそ「どこの馬の骨かもわからない」私を、
心から歓迎し、暖かく、気さくにもてなしてくださいました。
私たちがアーシュラさんの原作をかぎりなく大切に思っていることを、わかってくださいました。

アーシュラさんの魂に安らぎが、ご家族の悲しみになぐさめがありますように。
(実村文)